自分の在宅ワークの1年後・3年後・10年後を夢見て努力を続ける

将来を見据えて動くこと:1年後・3年後・10年後を「夢見る」

私が、在宅ワークでWEBライターの仕事をし始めたときの時給は、すでにこちらの「最初は月1万円の在宅ワークのWEBライターが1年後には10万円に」でご紹介していますが、340円…」

 

最低賃金が749円のときでしたから、最低賃金の半分以下でした。

 

そのときに、夫がくれた言葉があります。

 

「今は340円かも知れない。

 

でもその340円は、『アルバイト』の340円じゃなく、君のこれからの行動によって、3倍にも4倍にも5倍にもなる『340円』だよ」と。

 

 

1年前から見た「未来」

夢見て実現できる

夢見て実現できる

このWEBライターという仕事に就いたときは、正直ここまでとんとん拍子に「稼げる」日が来るとは思っていませんでした。

 

ですから今、こうして話をまとめていても、とても不思議な気がします。

 

あのとき、「たった340円しか稼げないなら、もうやめてしまっても…」と思わなくて良かったなぁと考えています。

 

当時は「安い」ことに頭を悩ませましたが、「自分自身で仕事をする」ということは、「クライアントから指定された金額」だけでとどまるということではないのです。

 

アルバイトなら(多少出世しても)、時給が5倍になることなどありませんよね。

 

またWEBライターの経験が、その後のアフィリエイトにも大きく貢献してくれています。

 

今からの「未来」

WEBライターを経験し、アフィリエイトである程度成功した私に、強く勧められているのは、「個人事業主として独立すること」です。

 

そのために今勉強をしている最中です。

 

帳簿のつけ方をマスターし、「経費」を勉強し、扶養家族からの独立を目指しています。

 

在宅ワークで夢を実現、です!

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク